奈良の東大寺 戒壇堂にある傑作彫刻と小さなお茶処でいただくゆば定食


kaidanin1

行き先東大寺 戒壇堂HP
所在奈良県奈良市雑司町406-1MAP
目的奈良の寺巡りをしたい

754年、聖武天皇らは
唐から渡来した鑑真から戒を授かり
翌年、日本初の正式な授戒の場として
戒壇院を建立した

創立当時は戒壇堂、講堂、廻廊、僧坊等 があったが
江戸時代までに3度、火災で焼失した
現在の戒壇堂は1732年に復興された

kaidanin2

大仏殿の賑やかさとは対照的に
静かに佇む戒壇堂は
長い階段の上にある

kaidanin6

堂内に安置されている四天王
天平時代の傑作といわれ
静にして動、動にして静
彫刻における理想境を具現化したものといわれている

中でも広目天は日本一男前の四天王としても有名

kaidanin3

お腹もすいてきたところで
戒壇堂から歩いてすぐのところにある
お茶処ときわ

奈良公園の近くにあって
静かにのんびり過ごせるお休み処

kaidanin4

季節のごはん、ゆば定食
ゆばはあんかけ丼になっていて
さっぱりやさしい味

kaidanin5

お雑炊も
ごはんたっぷりで出汁がきいていておいしい

朝食の茶がゆ定食に続いて
胃にやさしいヘルシーな旅

奈良旅行【まとめ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考本 >>>
奈良大和路の古寺 (楽学ブックス―古寺巡礼―古寺巡礼)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・