飛鳥時代から続く日本最古のお寺、生き返った奈良の元興寺


gangoji1

行き先元興寺HP
所在奈良市中院町11MAP
目的奈良の寺巡りをしたい

588年、高市郡の飛鳥の地
蘇我馬子の尽力により
日本最初の本格的伽藍として
法興寺(飛鳥寺)が建立された

飛鳥時代
政治や文化は
この法興寺を中心として展開された

gangoji2

その後718年の平城遷都にともない
法興寺は寺名を元興寺と改め
新京へ移建された

gangoji3

元興寺禅室の屋根瓦

飛鳥時代の古式瓦として
丸瓦と平瓦が重なり合って葺かれている

瓦の色が一様ではないのは
解体修理の際
使用可能な古瓦を再利用しているため

古いものは飛鳥時代のものがあるそう

美しい屋根

gangoji4

この日はお茶席でお茶をいただけた

gangoji5

お茶を点ててくださった方が
昔話をおしえてくれた
この方が子供の頃
このお寺は荒れ放題で人が来る場所ではなかったけれど
ほんの数十年で人が訪れるお寺になったのだそう

建物は
人に愛されてこそ活きるものなのだと思った
それと
活きていた場所は
年月をかけてまた生き返れるものなのだと思った

奈良旅行【まとめ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考本 >>>
奈良大和路の古寺 (楽学ブックス―古寺巡礼―古寺巡礼)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・