スリランカを代表する建築家ジェフリー・バワの暮らしたセンスのよい家を見学


333

行き先33rd Lane
33番レーン
HP
所在No.11, 33rd Lane, Off Bagatelle Rd., Colombo, Sri LankaMAP
メモ見学は要予約
宿泊も可能
目的建築家ジェフリー・バワの暮らした家が見たい

スリランカの建築家
ジェフリー・バワ

スリランカで生まれ亡くなったが
イギリスで過ごした時期も長く
彼の自邸はアジアとヨーロッパが融合されたような空間

そこにアンティークの家具や置物が
センスよく置かれている
年月をかけてつくり上げた自邸

彼のつくる空間は光にあふれ
心地よい風が通り抜け
その場所にある自然に寄り添っているよう

異国にいながらも居心地の良い場所がたくさんあり
このままここに住んでしまいたいと思わせる

ジェフリー・バワの自邸 33rd Lane
元々は縦に長い4軒長屋で
その手前から3番目の部分に住んでいたジェフリー・バワ
30年の年月をかけて
4軒の長屋全てと
それをつなぐ路地をつなげて1軒の家を作り上げた

334

元々路地だった場所には屋根がかけられ
所々に開かれた場所は空と通じている

壁床天井は白く塗られ
外と中が入り乱れた抽象的な場所

スリランカの強い光が所々から通路に入り込み
白のグラデーションをつくりあげる

332

奥の最初の家であった場所は
赤褐色の床のタイルが落ち着いた雰囲気を醸し出している
鰻の寝どこのような土地なのに光があふれている

331

この建物は現在、ジェフリー・バワ財団が管理をしていて
予約をすれば見学をすることができる
さらに予約をすれば2階の部屋に宿泊することもできるそうだ

ジェフリー・バワになったつもりで
1日を過ごしてみてもいいかも知れない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スリランカを知る >>>

スリランカ やすらぎの島で優雅に過ごす (Gem Stone)

建築家ジェフリー・バワを知る >>>

Geoffrey Bawa: The Complete Works

33番レーンを知る >>>

バワ自邸/ルヌガンガ(バワの庭園) Geoffrey Bawa 33rd Lane1960-98/Lunuganga1948-98―世界現代住宅全集07(Residential Masterpieces)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・