フェリックス・ヴァロットンのユーモアある木版画


mimt5

行き先三菱一号館美術館HP
所在千代田区丸の内2-6-2MAP
メモヴァロットン展は2014年9月23日まで
目的ヴァロットン展を見に行きたい

フェリックス・ヴァロットン
パリ、オランダで巡回した展覧会が
三菱一号館美術館にやってきた

ヴァロットンは絵画とともに多くの木版画も手掛けている
今回の展覧会には三菱一号館美術館所蔵の木版画が
画家を知る手がかりのように
いくつも展示されている

mimt7

日本の古い漫画のような、本の挿絵として作られたものから
連作として発表されたものまで

その中の1つ
連作アンティミテ
男女の微妙な駆け引きを皮肉を込めて作られた連作

彫られていない黒の部分が何かを強く主張している
シンプルな白い線と間がとっても魅力的

コミカルな音楽をBGMにすると滑稽なシーンに見え
哀愁のある音楽をBGMにすると意味深なシーンに見える

mimt6

10枚の連作を発表後
版止めを示す役割として版木を切って一つにまとめたそう

これはそれを付箋にしたもの

お腹いっぱいの展示室を後にして
ふと出口への階段を見上げた

mimt8

白と黒の世界

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考本 >>>
VALLOTTON―フェリックス・ヴァロットン版画集

・・・・・・・・・・・・・・・・・・