京都のクラシカルな美術館、大山崎山荘美術館へ


行き先アサヒビール
大山崎山荘美術館
HP
所在京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3MAP
目的クラシカルな美術館に行きたい

猛暑の夏、楽しみにしていた京都小旅行へ

大正時代から昭和初期にかけて
加賀正太郎氏の別荘として建てられた
大山崎山荘美術館

立地もとてもよくて
京都市内の喧騒からは離れた
静かで落ち着く場所

室内は重厚感があって
落ち着いたインテリア

この日開催されていたのは
「サム・フランシスの色彩」展
抽象画とクラシカルなインテリアは
とても居心地が良い

美術館の中にあるカフェからの眺めも素晴らしい

最後は
「地中の宝石箱」と名付けられた地中館へ
安藤忠雄氏によって設計されたモダンな空間

美術館を堪能した後は
広大な庭園を散策して
京都市内へ移動